amazonアソシエイト審査に通らないときの対策

どうも、オズしーです^^

 

アドセンスブログを運営しているなら

絶対に活用してほしいのがamazonアソシエイト

 

手軽に商品を紹介できる上に品揃えがいいので

どんな記事を書いていても関連商品が見つかりますし

報酬が発生しやすいので

アドセンスのみのブログより収益を大きく伸ばすことができます

 

このamazonアソシエイトを利用するためには

amazonの審査に通らないといけないのですが、

ここでつまづく人もけっこういるんですよね。

 

で、審査に落ちたことを軽く考えている人が多すぎて…

見ていて「あーーーもったいないなーー!」って感じてます。笑

 

amazonアソシエイトの審査が通らない間って

「あ、落ちた。笑」で済ませられないほど損をしているのに。

 

  • なぜ損をしているのか
  • どれだけ損をしているのか
  • どうすればamazonアソシエイトの審査を合格できるのか

これから解説していくので

まだ審査に合格していないという人はぜひ参考にしてくださいね。

amazonアソシエイトの審査が通らない時の見えない大損失

amazonアソシエイト審査に通らない間の損失

まずはamazonアソシエイトの審査に落ちた場合

軽く考えずに気を引き締めてもらうために

どれだけの損失が出ているかについてお話します。

(解決策だけ知りたい方は次の見出しまで進んでください)

 

 

もしブログがすでにアクセスを集めている状態なら

amazonアソシエイトを利用することで毎日数百円、

数千円と利益をあげることができるようになります。

 

逆にいえば、利用できていない間は同じだけの金額を

失っていると考えることもできますよね。

 

 

自分のブログはまだアクセスないからいいや」?

 

いやいや、待ってください。

現在はアクセスが少ないブログだったとしても

ここでの1日の遅れは「稼げるようになってからの1日」

と時間的には同じなんですよ。

 

つまり結局はアクセスがどうこうではなく

「amazonアソシエイトで稼ぐ!」と決めた時点で

審査に通らない時間は損失でしかなくなるのです。

 

 

さらにせっかく審査のために頑張って記事を書いてきて

「通らないからもういいやー」と投げ出してしまったら

それこそ今までかけてきた時間を全て失うことになります。

 

こんな風に大きな損失を出してしまわないためにも

しっかりとポイントをおさえてから

amazonアソシエイトの審査に挑戦しましょうね。

審査に通らない原因とは?

審査に通らない原因

amazonアソシエイトの審査に落ちた場合

どのような原因が考えられるのでしょうか。

 

 1サイトが未完成または作成したばかり

2申し込みURLの入力ミスでサイトを確認できない、または他人のサイトやURLで申し込み

3サイトに閲覧規制があり内容を拝見できない、または閲覧規制をかけているコンテンツを含むサイトで申込み

4申し込みフォームに登録している住所、氏名、電話番号が正しくない

5サイトのドメイン名に「amazon」「javari」「kindle」やその変形(スペルミスも含む)が入っている

6知的財産権を侵害している

7露骨な性描写がある

8申し込み人が未成年

これらに該当する場合は審査に通らないと考えましょう。

 

とくにやってしまいがちなのが6番の「知的財産権の侵害」。

画像を多用している人は著作権などに気をつけましょう

 

また、暴力的な内容であったり、

誹謗中傷、差別などの内容を含む場合も

amazonアソシエイトの規約に反するため審査は通りません。

 

 

以上が「審査が通らない」主な原因ですが、

中には曖昧な物もあり、

「もっと具体的に教えてください…」と言いたい部分もあります。笑

 

1番の「サイトが未完成」とかまさしくですよね。

どこからどこまでが作ったばかりで未完成なのか

悩んでいるとそれだけで1日が終わってしまいそうです。

 

 

コレに関してはもしもアフィリエイトというサイトからamazonと提携する際

提携申請する際の注意点などが書かれている部分に

少なくとも5記事以上ある状態で」との記載があったので

コレが1つの目安となるでしょう。

 

もちろん、5記事ギリギリよりは

10記事、20記事と増えるほど有利だと考えていいでしょう。

amazonアソシエイトの審査が通らないときに試してほしいこと

ここからは上記の不合格要素のどれにも当てはまっていないのに

なぜか審査が通らないというときの対策についてです。

 

  • フリーメールアドレスをやめる
  • 広告を使用しているならはずす
  • amazonへのブログ紹介をしっかりと書き込む
  • プロフィールやお問い合わせを設置する
  • amazonで買い物をしたことのあるアカウントを使用する

これから1つずつ解説していきますが、

とにかく大切なことは、いかにamazonに対して

「信頼できる自分(サイト)」をアピールできるか。

 

これが本質的な部分になります。

 

上記はそのための方法ではありますが、

本質を理解すれば上記以外にも思いつくことが出てくるかもしれないので

ここからはamazonさんの気持ちになって読み進めてみてください。

フリーメールアドレスをやめる

メール

amazonのアカウントに使用しているメールアドレスを

フリーメールアドレスではなく

プロバイダのメールアドレスに変更することでいっきに信頼度がアップ

 

コレだけで「審査に通った!」という人もいます。

 

 

コレもamazonの気持ちになってみればわかることですが、

「誰でも楽に取れて、捨てるのも楽」なフリーメールと

自分の財布からお金を出して契約したプロバイダのメール。

 

どちらが信頼できますか?ということですね。

 

これからamazonアソシエイトに登録するなら、

メールアドレスはフリーのものを避けて

信頼できる自分(サイト)をアピールしましょう!

広告を使用しているならはずす

アドセンスやその他ASPの広告などをブログに貼っている場合は

はずしてから審査したほうが通りやすいと言われています。

 

これは「売れれば何でもいい」と思っている人よりも

本当にいい商品だからぜひamazonの商品を誰かに紹介したい!

と思っている人のほうがamazonにとって有益で信頼できるからです。

 

 

少しでもamazonにとって有益なサイトと思ってもらえれば

審査に合格する可能性がグッと高くなるでしょう。

amazonへのブログ紹介をしっかりと書き込む

amazonアソシエイトのブログ説明

多くの人が雑になっている部分です。

サイトの内容、紹介したい商品について説明する項目ですね。

 

自分のサイトの内容や、紹介したいと思っている商品のことすら

まともに書けないような人では

他人に商品を売ることなんてできるはずがありません。

 

そんなサイトに商品を紹介してほしいと思うでしょうか?

 

 

あなたなら、自己紹介もできない人と

ビジネスパートナーになるなんてイヤですよね?

 

amazonさんも同じです。

 

だからここはできるだけ字数をいっぱいいっぱいまで使って

自分のサイトをアピールしていきましょう!

プロフィールやお問い合わせを設置する

ブログの管理人が誰なのか、どんな人物なのかは非常に重要です。

 

どこの誰かもわからない人(会社)の商品を買いたくならないのと同じで

プロフィールというのは信頼度に大きく影響します。

 

 

また、お問い合わせフォームを設置することも、

「この人はしっかりと運営しているんだな」と

印象づけるために一役買ってくれるのでぜひ設置しておきましょう。

 

ワードプレスの場合はプラグインを使えば簡単に設置できます。

参考記事→ContactForm7の使い方!ワードプレスにお問い合わせを設置しよう

amazonで買い物をしたことのあるアカウントを使用する

買い物をしたことがあるということは、

少なくとも本人の住所や連絡先は信用できるものだという証明になります。

 

amazonアソシエイトは

誰かれ構わず参加させようとは思っていないようなので

アカウントの情報が信頼できるというのは大きな強みになります。

 

 

実際コレだけで審査に合格した人もいるので

普段からamazonを使っている人は真っ先に試してみるべき項目です!

結局一番大切なことは「信頼関係」

信頼関係

リアルの人付き合いやビジネスもそうですが

結局一番大切なことは「信頼関係」です。

 

 

amazonアソシエイトの審査にはいろいろなチェックがあるでしょうが、

最終的に見ている部分は

  • 信頼できる人物か
  • 信頼できるサイトか

というところだと思います。

 

なので、ではどうしたら自分は信頼してもらえるだろうか?

と考えるのが審査をクリアするコツとなるわけですね。

 

ぜひ今回紹介したポイントと、

この「信頼関係」の考えをおさえて

amazonアソシエイト審査の1発合格を目指していきましょう^^

 

以上、オズしーでした。